2015年09月08日

老化の撃退とポリフェノール

人は誰でも老いていく存在であり、この世に生を受
けた時点から、

「老化へのカウント ダウン」がスタートしていると
言えるでしょう。

 しかし、今回お伝えするポリフェノールは、本来
避けることが不可能とされている老化の促進を、

「適度に予防していく効果」を期待できる経緯から、

様々な観点よりポリフェノールに関する特集を展開
させていきます ^-^


そんなポリフェノールの特筆すべき利点は、前回お
伝えしたビタミンEと同様に、

老化の元凶となる活性酸素を除去していく「抗酸化
作用にあり!」
と言えるでしょう。

活性酸素に関しましては、これまで何度も紹介して
おりますが、

紫外線やストレス、食品添加物やタバコ、車の排気
ガスや激しい運動等による様々な要因によって、

「あらゆる角度から老化現象を加速化」させていき
ます。。

以下次号


posted by スタープラジュナ at 19:33| 老化の撃退とポリフェノール | 更新情報をチェックする

2015年09月16日

老化の撃退とポリフェノール 2

この様な経緯から、常日頃から活性酸素の除去
に優れた効能を備えたポリフェノールを摂取し、

「老化の拍車に歯止めを掛ける!」と言うのが
今シリーズの内容の趣旨となっています ^-^

実際に、かつて当ブログでも活性酸素の撃退術
に焦点を絞り、

ビタミンCやビタミンE、 β-カロテン等の抗酸
化物質についてお伝えしました。

しかし .... ビタミンCは水溶性となっています
ので、

「水溶性部分の細胞間」が活躍の場となってい
ます。


一方のビタミンやβ-カロテンの場合は脂溶性
なっていますので、

「脂溶性部分である 細胞の内部」
で活性酸素の
害を防ぎます。

換言しますとビタミンCやビタミンE、β-カロテ
ンほどの優れた抗酸化物質でありましても、

活性酸素・撃退の場は「細胞間や細胞内」の何
れかに分散されてしまうと言えるでしょう。。

しかし、今シリーズで紹介していくポリフェノ
ールに関しましては、

以下次号

posted by スタープラジュナ at 20:05| 老化の撃退とポリフェノール | 更新情報をチェックする

2015年09月27日

老化の撃退とポリフェノール 3

水溶性部分である細胞間や、脂溶性部分である細胞
内でも、

 活性酸素の除去が可能な二刀流となっています ^-^

そんな「特筆すべき抗酸化力」を備えたポリフェノ
ールでありますが、

 その抗酸化力の持続時間が「2~3時間程度」
いう弱点も存在しています。

この様な理由から、ポリフェノールが多く含まれて
いる飲食物を多量に摂取したとしましても、

老化の元凶!となっていく、活性酸素の暴挙を封印
できるのは 2~3時間程度 となっており、

毎晩ポリフェノールがたっぷりの赤ワインで、晩酌
を嗜(たしな)んでいるから大丈夫 🎵


という生活習慣は通用しない結末に至りますね。。


換言しますと、赤ワイン・メインでポリフェノール
を補充していくとなれば、

「2~3時間おき」に摂取していかなければならな
い経緯から、

一般人には到底不可能な補充方法と言えるでしょう。

以下次号
家賃20,000円台! 賃貸界の革命児


posted by スタープラジュナ at 20:07| 老化の撃退とポリフェノール | 更新情報をチェックする

2015年10月08日

老化の撃退とポリフェノール 4

そこで非常に優れた抗酸化力を有するポリフェノール
を効率的に取り入れていく重要となっていく秘策が、

予めポリフェノールが多く含まれている飲食物を把握
しておき、

様々な角度から「老化の元凶!」となっていく、活性
酸素を撃退していく対応策にありと言えるでしょう ^-^


それでは早速、まずはポリフェノールが多く含まれて
いる飲み物から紹介していきますが、

前述の赤ワインを筆頭にクロロゲン酸が含まれている
コーヒー、

カテキンやタンニンが含まれているお茶、ウーロン茶
ポリフェノール
が含まれているウーロン茶、

カカオマス・ポリフェノールが含まれているココアな
ど、

「ほっ🎵」と一息入れたい時などは、砂糖や合成着色
料、

食品添加物等が多量に含まれている清涼飲料水よりも、

上記の飲み物を優先的に選択し、様々なタイプのポリ
フェノールを摂取していく対応策が効率的と言えるで
しょう。

以下次号


posted by スタープラジュナ at 20:51| 老化の撃退とポリフェノール | 更新情報をチェックする

2015年10月22日

老化の撃退とポリフェノール 5

続きましては、ポリフェノールが多く含まれている食物
となりますが、

野菜の中では春菊がトップとなっており100g中・200m
g含まれています。

続いてレンコンが100g中・170mg、ししとうが100g中
150mg、さつまいもが100g中・95mgとなっています。

次は果物となりますが バナナが100g中・290mg、マン
ゴーが100g中・260mg、

 ブルーベリーが100g中・250mg、りんごが100g中・
180mgとなっていて、全般的に野菜類よりも多めとなっ
ていますね。


最後は加工食品となりますが 納豆やチョコレートが100
g中・200mg
と多めになっていて、

そばが100g中・100mgとなっていますので、 これらの
食物をバランス良く摂取し、

老化の元凶!となる活性酸素を撃退してくれるポリフェノ
ールを効率的に補って頂きたいと思います。

ちなみに、ポリフェノールの代名詞とも言える赤ワインは
グラス1杯で約300mg
も含まれている経緯から、

これまで紹介してきた飲食物よりも破格の含有量となって
いました ^-^





posted by スタープラジュナ at 19:39| 老化の撃退とポリフェノール | 更新情報をチェックする